並行する家と庭
敷地西側を道路に面する奥行きの深い土地。東と南は戸建て住宅に囲われ、北には中層のマンションがそびえている。建主が求める大きさと数の諸室や駐車場を配置していくと、この土地に余白はほとんどなくなってしまう。建物を小さな箱のボリュームに分け、ずらしながら連ね、そのずれに窓を設けたのは、そのわずかな余白を利用してこの土地特有の閉塞感を解消させ、視線の抜けをつくり、自然の風と光を家の中に採り入れるためだ。また箱ごとに屋根の高さを変え、レベル差を利用して開口を設けている。箱の高さは西日に対して開口を絞りつつ自然光を取り入れ、心地よい風を起こすことができるように、内部と外部を互いに検証しながら決定していった。結果として段々畑のようになった建物の屋根はほとんどを緑化し、第2の地面となった。
植栽は開口を通して内部からも庭を感じることができるように、種類と配置を決めている。芝生をベースにして、実のなるもの、四季折々に花を咲かせるもの、ハーブとして料理に使えるものなど多様性をもたせた。道路や隣地のマンションからの視線を緩やかに遮蔽すると共に、日射(特に西日)の制御の役割も果たし、土壌による断熱や植栽の蒸散作用による冷却効果が室内の温熱環境に与える効果は少なくない。
箱の大きさと植栽との組み合わせで、様々なアクティビティが誘発されることを意図したが、建主家族はこの屋上を、第2のリビングや子供の遊び場、趣味のゴルフの練習場としてなど、実にうまく使いこなし、あたかも家が上下に2軒あるかのように、パラレルワールドのような室内と屋上のスペースを自由に行き来することを、生活の中に取り入れている。
隣同士の箱は耐震要素となる壁を共有しており、内部はこの壁が緩やかに空間を分節している。リビングダイニングと子供部屋との間には建具がなく、ひと繋がりの空間としているが、この壁があることでひとりで落ち着きたいとき、他の人と一緒に居たい時など状況に応じた居場所を与えてくれる。建主は「必要十分なプライベートスペースは確保されているが、どこにいても家族の存在を感じることができる」ことをいちばん喜んでいる。



Location Tokyo, Japan
Architect MAMM DESIGN
Structural Engineer Ohno JAPAN
Lighting Designer Lighting M
Site Area 165.31 m2
Building Area 115.22 m2
Floor Area 189.41 m2
Completion Year 2016
Photographer Takumi Ota