並行する家と庭
敷地西側を道路に面する奥行きの深い土地。東と南は戸建て住宅に囲われ、北には中層のマンションがそびえている。建主が求める大きさと数の諸室や駐車場を配置していくと、この土地に余白はほとんどなくなってしまう。建物を小さな箱のボリュームに分け、ずらしながら連ね、そのずれに窓を設けたのは、そのわずかな余白を利用してこの土地特有の閉塞感を解消させ、視線の抜けをつくり、自然の風と光を家の中に採り入れるためだ。また箱ごとに屋根の高さを変え、レベル差を利用して開口を設けている。箱の高さは西日に対して開口を絞りつつ自然光を取り入れ、心地よい風を起こすことができるように、内部と外部を互いに検証しながら決定していった。結果として段々畑のようになった建物の屋根はほとんどを緑化し、第2の地面となった。
植栽は開口を通して内部からも庭を感じることができるように、種類と配置を決めている。芝生をベースにして、実のなるもの、四季折々に花を咲かせるもの、ハーブとして料理に使えるものなど多様性をもたせた。道路や隣地のマンションからの視線を緩やかに遮蔽すると共に、日射(特に西日)の制御の役割も果たし、土壌による断熱や植栽の蒸散作用による冷却効果が室内の温熱環境に与える効果は少なくない。
箱の大きさと植栽との組み合わせで、様々なアクティビティが誘発されることを意図したが、建主家族はこの屋上を、第2のリビングや子供の遊び場、趣味のゴルフの練習場としてなど、実にうまく使いこなし、あたかも家が上下に2軒あるかのように、パラレルワールドのような室内と屋上のスペースを自由に行き来することを、生活の中に取り入れている。
隣同士の箱は耐震要素となる壁を共有しており、内部はこの壁が緩やかに空間を分節している。リビングダイニングと子供部屋との間には建具がなく、ひと繋がりの空間としているが、この壁があることでひとりで落ち着きたいとき、他の人と一緒に居たい時など状況に応じた居場所を与えてくれる。建主は「必要十分なプライベートスペースは確保されているが、どこにいても家族の存在を感じることができる」ことをいちばん喜んでいる。

所在地 東京都
構造設計 オーノJAPAN
照明デザイン Lighting M
敷地面積 165.31 m2
建築面積 115.22 m2
延床面積 189.41 m2
竣工年 2016
撮影 太田拓実

雑誌掲載
住宅特集 2016年10月号
LiVES vol.94


The plot faces a street on the west side. It is surrounded with neighboring houses on the east and south side, and also a mid-rise apartment building on the north side. There are very tiny spaces left on the ground level when required volume is placed.

We separated the volume into small boxes and placed them carefully to escape the inevitably claustrophobic situation, to have natural ventilation and to have controlled sunlight through gaps between boxes. The different heights of the boxes also contribute to the effects. As the result, almost all the terraced roofs are covered with greenery and become the second ground.

Kinds and places of plants are decided to be seen from inside through windows. Various kinds of plants make the family enjoy flowers, fruits and colors of leaves each season. Some herbs can be used for daily cooking as well. Tall trees are barriers from the street and the neighbors and also they avoid the strong afternoon sun from penetrating into the house. The soil on the roof act as thermal isolation and transpiration of the plants have great contribution to thermal environment of the house.

We designed the “garden” to induce the family to do variety of activities. They use the space as the second living room, a play lot of the children, a golf practice space etc. Now, their daily life is both on the garden above and on the house below as if they would have double-decked two houses, parallel worlds.

The space including living room, dining room and bedrooms for children is continuous large one space with no rigid separations. Adjacent boxes share their walls as seismic elements and the walls also divide the large space gently. In other words, the walls can give suitable spaces to the client depending on their needs, such as to have a time to be alone or to spend a time with the family.

Location Tokyo, Japan
Structural Engineer Ohno JAPAN
Lighting Designer Lighting M
Site Area 165.31 m2
Building Area 115.22 m2
Floor Area 189.41 m2
Completion Year 2016
Photographer Takumi Ota